自跋:『ニュートン主義の罠——バイオエピステモロジーⅡ』

 とくに見通しがあって書き始めたわけではないのだが、今回(2017年8月)、『ニュートン主義の罠——バイオエピステモロジーⅡ』(書籍工房早山)を出したことで、『バイオエピステモロジー』(2015年8月、同)、『時間と生命』(2010年9月、同)の“バイオエピステモロジー三部作”をまとめることができた。 もう一冊、わかりやすい集成版を書いてみたいと思っている。  出版がみな夏になっているのは、4月から「地球環境問題と国際政治」という授業が始まるので、3月末までに原稿をまとめるようにしているからである。本として仕上がるのはその3~4ヵ月後になってしまう。  私がなぜこのような形で本を出すのか、その事情を記しておこうと思う。 死の恐怖にかられて  直接のきっかけは、2006年に還暦を迎えたことにある。当時、私は「科学技術文明研究所」という、おもに生命倫理政策の研究を行う小さな組織の所長をしており、スタッフが、7月の私の誕生日に合わせて還暦祝いの集まりをもってくれた。  その席で、若いメンバーから「所長おめでとうございます!」とお祝いの品を受け取った瞬間、私は強烈な死の恐怖に襲われた。このまま死ぬのは嫌だ、と激しく思った。狼狽しているのをとり繕ったから、誰にも気づかれなかったはずである。  世俗的には私は、生命倫理や地球環境問題の研究でそれなりに成功を収めたことになるのかもしれない。だが還暦には、死を見据えて残る人生を再設計しろという意味合いがあるのだとしたら、自分が本当にやりたいことにまだ何も手をつけていないのに、突然、気がついたのである。死後、生命倫理や地球環境問題の専門家の欄に‘整理’されてしまうのは絶対に耐えられない、と痛感した。  そこで、古い資料の山から35年前、学生時代に読んだH.ドリーシュの英訳本『生気論の歴史と理論 The History and Theory of Vitalism』(1914年)のコピーを捜し出して、全訳した。さらに、ドリーシュの新生気論に関する格好の捕捉説明である、ロンドン大学での講義録、『個体性の問題 Problem of Individuality』(1914年)も合わせて訳出し、私の長めの解説をつけて、翌2007年1月に、同名の『生気論の歴史と理論』(書籍工房早山)として出版した。  本の翻訳だけは絶対にやるまいと思っていたから … 続きを読む 自跋:『ニュートン主義の罠——バイオエピステモロジーⅡ』