ニセ仙人山籠もり

自跋

黙殺され続けた「フッサール=ドリーシュ問題」と、『バイオエピステモロジー序説』「あとがきに代えて」の再録

  「フッサール=ドリーシュ問題」の発見 昨年(2020年)12月、私は、これで最後にするつもりで『バイオエピステモロジー序説』を書いたのだが、実際に本にしてみると、どうも納得がいかない。登ろうと思っていた山の頂に、いざ立ってみるとさらにその奥に、本当に登りたかったのはあの高まりなのだ、と確信させる峰が、つぎつぎ現れるのだ。いまは、20世紀精神史を総括する視点から、もう一冊、『生命科学の危機と21世紀の自然哲学』という本を書こうと思っている。 言うまでもなく、このタイトルは、E・フッサール(1859~1938)の晩年の名著、『ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学』を踏まえたものである。20世紀の哲学に決定的な影響を与えたフッサールのこの代表作のなかには、エンテレヒー(Entelechie)という言葉が3回登場する。これらすべては、人類の内発的な秩序創造という意味で用いられている。いまのフッサール研究では、この言葉は、アリストテレスの文脈で解釈するのを、定番としている。むしろ、フッサールほど大学者が、たいへんまずい概念を不用意に用いた例外と見なし、見なかったこととして、通り過ぎるのが普通である。  だが当時、この言葉は、H・ドリーシュが提案したものであるのはまったくの常識であった。加えてこの時代、「科学の危機」と言えば、その一端は、H・ドリーシュ(1867~1941)によってもたらされたことも自明であった。実際、ドリーシュの自伝には、1912年(ベルリン)と1914年(ゲッチンゲン)のドイツ心理学会で、フッサールとドリーシュは幾度か討議をし、その後、非常に親しくなった、とある。だから次の本では、同時代人である「フッサール=ドリーシュ」問題を明らかにしたうえで、現象学的方法論を現在の生命科学に適用することで、「薄い機械論」の脱構築に向かいたい。  いまの私に課せられているのは、20世紀前半にフッサールが構築した超越論的現象学の枠組みを、現在の生命科学に適用し、われわれの自然哲学的地平を一新させることだと思う。それを、バイオエピステモロジーの言葉で表現すればこうなる。フッサールは、われわれが「人間的近傍」に住まうことを運命づけられている事態を踏まえ、その上で、われわれの世界把握のあり方について研究しようとした。そのためには、人間の世界把握についてメタ的視点に抜け出るのが良…

→ 続きを読む

東大教授の恫喝——優生学史研究を始めたころ

 今は、優生学史の研究をすると言っても誰も怪しまない。ましてや、それを危険視することなど絶対にない。だが1970年代末は、事態はまったく違っていた。  数年前、ある大学の学位請求論文に、優生学史研究が提出され、審査員を依頼された。内容的にはじゅうぶんで何の問題もなかった。だが、この分野からしばらく遠ざかっていた私には、清々と優生学史が論じられ、議論が進んでいく雰囲気に、違和感を隠せなかった。私がドイツ優生学史を始めた当時、このような研究はナチス復活につながる危険な兆候と糾弾され、それに必死に抵抗した。そのことが、鮮やかによみがえってきたのである。

→ 続きを読む

自跋:『ニュートン主義の罠——バイオエピステモロジーⅡ』

 とくに見通しがあって書き始めたわけではないのだが、今回(2017年8月)、『ニュートン主義の罠——バイオエピステモロジーⅡ』(書籍工房早山)を出したことで、『バイオエピステモロジー』(2015年8月、同)、『時間と生命』(2010年9月、同)の“バイオエピステモロジー三部作”をまとめることができた。 もう一冊、わかりやすい集成版を書いてみたいと思っている。

→ 続きを読む

孤高の人——今西錦司

私が、俗にいう‘今西進化論’の信奉者だと思っている人が意外に多いことに、最近、気がついた。そもそも、今西錦司氏本人ですら、ダーウィンの自然選択説を認めないからと言って、ご自分が独自の進化論を主張したとは、あまり思っておられなかったのではないか。

→ 続きを読む