ニセ仙人山籠もり

社会ダーウィニズム

1900年の懸賞問題——社会ダーウィニズム、一つの頂点

 名前ばかり有名で、ほとんど研究されてきてはいない歴史的な対象がいくつかある。とくに日本の知的社会は、このような研究の‟空洞”をいくつか抱えている。  その代表例が‟社会ダーウィニズム”である。

→ 続きを読む

第1回ドイツ社会学者会議(1910年)における、A・プレッツに対するM・ウェーバーの反対意見

 40年ほど前、社会思想史学会で、有名教授に怒鳴りつけられた事情をこのブログに書きとめたら、少なくない方々の興味を引いたようである。  誤解のないよう改めて強調しておくが、私はこの教授を非難するつもりなぞ毛頭ないことである。  氏の怒りは、正真正銘本物であった。それは、戦後日本の良心的知識人が強く抱いた信念体系そのものであった。

→ 続きを読む

東大教授の恫喝——優生学史研究を始めたころ

 今は、優生学史の研究をすると言っても誰も怪しまない。ましてや、それを危険視することなど絶対にない。だが1970年代末は、事態はまったく違っていた。  数年前、ある大学の学位請求論文に、優生学史研究が提出され、審査員を依頼された。内容的にはじゅうぶんで何の問題もなかった。だが、この分野からしばらく遠ざかっていた私には、清々と優生学史が論じられ、議論が進んでいく雰囲気に、違和感を隠せなかった。私がドイツ優生学史を始めた当時、このような研究はナチス復活につながる危険な兆候と糾弾され、それに必死に抵抗した。そのことが、鮮やかによみがえってきたのである。

→ 続きを読む